主人公ウーピー・ゴールドバーグの影響で、最初は声を出すことを恥ずかしがっていた面々が歌う楽しさに目覚め、皆で心の赴くままに、大声で気持ちよくゴスペルを歌うシーン。

・・・あれから20年。
その間に、少人数構成のアカペラグループが流行ったり、
カラオケも安くなって一人で気楽に歌える場も増えました。

でも・・・老若男女大勢の声に包まれながら、自分も喜びをもって歌うと、全員の気持ちが呼応して大きなうねりになっていく・・・そんな場はそうそうありません。

見てるだけではもったいない
さぁ! 次はあなたが歌う番